五月人形アウトレット販売サイト

トップページ | 平飾り(兜) | 平飾り(鎧) | 二段飾り | ケース飾り | お問い合わせ


五月人形アウトレット販売サイトトップ>>五月人形の豆知識>>人形の保存方法

人形の保存方法

  • ホコリをよく払ってからしまう
    どうしてもついてしまったホコリをそのままにするとシミの原因になります。晴れて乾燥した日を選んで羽バタキや歯ブラシなどでよく落としましょう。金属部分についた手の脂は錆やカビの原因になります。柔らかい布で乾拭きしてください。

  • 布や紙でくるみ箱の中へ
    ホコリやチリ、虫は人形の大敵です。箱に仕舞うときには柔らかい布や紙などでやさしく包み、ホコリやチリを防ぎます。
    部品を一つずつポリ袋に密封して虫食いを防ぎます。
    箱に収めるときには新聞紙を詰めて、部品が動いてぶつかりあわないようにします。
    新聞紙には虫除けの効果もあります。

  • 年に一回は虫干しを
    秋の天気が良く乾燥した日に虫干しをしてください。直射日光を避け、風通しの良い場所で干すことをお勧めします。直射日光に当たるとひび割れや変色の原因となります。
    虫干しを終えては箱に仕舞うときには、前述のようにホコリや手の脂に気をつけてしまってください。

  • 湿気のないところに保管する
    箱に収めたあとは、湿気の少ないところに保管してください。
    納戸や押入れ上段、天袋などがよいでしょう。湿気が多いとカビの原因になってしまいます。
    また、反対にあまりに乾燥しすぎると顔などがひび割れをおこすこともありますので、ご注意ください。

  • 防虫剤は正しく使って
    人形はデリケートなものですので、防虫剤にも気を配ってください。
    ナフタリン系の防虫剤が最適です。パラジクロール製剤やショウノウ製剤とは併用しないでください。
    防虫剤は毎年同じタイプのものを使うようにしてください。
人形の保存方法

お問い合わせはこちら


五月人形アウトレット販売サイトトップ


Copyright 2004 gogatu ningyou outlet shop. All Rights Reserved